BMZ メニューを開閉する メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ:0278-62-0928

BMZの理論を証明!

大学をはじめ、様々な研究機関でその理論を証明

BMZの理論を証明!

・検証データ・大学との研究について・医療関係者評価

足の骨格バランスを整える「立方骨」をサポート

足の「支え」と「動き」の起点となっている『立方骨』を中心に
サポートすることで、足が本来持っている機能を回復します。

足や体のアラインメント(骨格バランス)を、
より自然に適正な状態へ近づける

足の「支え」と「動き」の起点となっている『立方骨』を中心に
サポートすることで、足が本来持っている機能を回復します。

科学的データ検証プロジェクト

BMZ cuboid balance インソールの効果を科学的に検証するプロジェクトが、
大学研究室の協力のもとスタートしました。

北海道文教大学

三次元加速度センサーおよびリサージュ図形描画ソフト(Bycen社製ヒト歩行定量化ツールLegLog)を用いて、BMZインソールを装着する前後で三次元加速度方向にどのような変化があるかを計測。また、フットラックス足圧分布計測システム(フットグラフ)を用い、BMZインソールが立方骨にどのような変化を与えているかを確認。

< 対象者:12名 男:女=9:3 20歳~70歳 整形外科的疾患を持つ者は除外 O脚やX脚、扁平足や外反母趾、軽度の腰痛等の主訴を持つ者は含まれる 20メートル自由歩行 すべて同じ形状のヒモなし運動靴を着用 >

結果 BMZインソールによる変化
以下の傾向がすべての対象者に認められた。

1.左右方向の加速度成分が減少する。 2.上下方向の加速度成分が減少する。
(前額面、水平面のリサージュ図形がコンパクトになる)
3.前方向への加速度成分が増大、もしくは後ろ方向への加速度成分が減少する。 4.左右の対称性が明確化する。

考察

1.BMZインソールによって、左右、上下の加速度成分が減少している。
これは無駄な動きが減った可能性を示唆している。
2.前方向の加速度成分が増大しており、BMZインソールは運動パフォーマンスの
向上に寄与するという主張を支持している。
3.リサージュ図形では、左右対称性が明確になっていることから、
左右のバランス改善に有効であることが示唆される。

筑波大学

筑波大学蹴球部(サッカー部)、及び医学部の先生の協力のもと、現在サッカー特有の傷害として深刻な問題となっている「第五中足骨粗面部の骨折」の予防及び受傷後・手術後のリハビリにBMZインソールが有効であるとの「経験的」な結果を科学的に実証し、同様の問題を抱えるサッカー選手(及びスポーツ選手)の足を守る。

また、BMZが提唱する「動ける足」を生み出すCUBOID BALANCEコンセプトの根拠を科学的な見地から検証する。

今後実施予定の測定及び評価

● インソール装着時の静的バランス能力測定 ● 小指の屈曲筋力測定 ● インソール装着時における筋疲労(練習前後の特定の筋の硬度変化の評価) ● そのほか、インソール装着時の各種パフォーマンステスト、及び評価

慶應義塾大学
研究者:環境情報学部 3 年 鈴木祐太 / 共同研究者 椛田理恵
PDFはこちらから

BIOMECHANICS & SPORTSMEDICINE
DATA INSPECTION

科学的データ検証プロジェクト
CUBOID BALANCE が、なぜ多くの人から支持されるのか。
何が起きるのか、どこが違うのか。効果・根拠を専門家とともに検証していきます。

足の機能を活かし高めることにフォーカスして誕生した BMZ CUBOID BALANCE。
その効果を科学的に検証するプロジェクトが、複数の大学研究室の協力のもとスタートしました。

研究ポイント!!
● 株式会社BMZ の協力を得て、BIOTONIX ( 姿勢調整デバイス) の評価・分析をする。 ● 今回の研究は研究者の主観(BIOTONIX がバランスに関するパフォーマンスに好影響をもたらす経験) を客観的データ( 今回の実験) で裏付けることを目標とする。

結論ポイント!!
● BIOTONIX の効果が客観的データによって証明され、重心動揺を抑える働きの助けとしてパフォーマンスの向上に補填していると証明できたと考えられる。 ● 結論として、BIOTONIX が身体バランス能力向上に役立っていると証明されたことが主張できる。

研究内容

BIOTONIX の評価研究
はじめに
今回の研究では株式会社BMZ の協力を得て、BIOTONIXの評価・分析をする。
*BIOTONIXとは私が競技で使用している道具BIOTONIX は写真右下のようにインソールの上に貼るのが一般的で、体のバランスが良くなるという効果がある。私は体育会スキー部に所属しており、自分の経験からBIOTONIX がバランスに関するパフォーマンスに好影響をもたらすと信じている。 しかし、BIOTONIX の開発データ上でもパフォーマンスを裏付ける客観データが十分ではない。 実際にデータとして提供されているのはBIOTONIX 使用時と未使用時の各関節の位置を、画像データより抽出して、各関節の位置が左右均等の場所にあるかどうかというデータだけである。以上の事項を考慮し、この研究は自分の主観を客観的データで裏付けることを目標とする。

研究の背景
私の取り組む競技であるアルペンスキーとは様々な身体能力要素が複合して、その成果が競技パフォーマンスとして表れる。 先行文献では、跳躍力を測って、トップ選手と2流選手の差を比べ、また毎年シーズンオフの最初と最後に必ず行う身体能力テストでは、非常に様々な身体能力要素について、トップとの差を比べている。 しかしながら、「アルペンスキー競技にとって、これが一番の能力要素である」といったものはなく、この点について自身の経験から私は身体のバランスに着眼する。 身体のバランスが良くなれば、アルペンスキーヤーとしての能力があがるとして考え、この研究を進めていく。前期の実験では、実験の手続きがうまくできていなかったことで、BIOTONIX の効果があると断定できなかった。 さらにBIOTONIX の効果は外的作用の力によって発揮されると経験上再考したので、この点についても、今実験では修正していく。

目的
選手としての主観を客観的データで裏付けることで、競技成績向上及び競技スキーの発展に貢献する。

方法
今回の実験では被験者がタスクを遂行する際の重心動揺を測定し、事後アンケートを行った。

被験者
被験者数21人(男13人・女8人)大学生

刺激(タスク)
一定の高さからメディスンボールを落とし、そのボールをキャッチしてもらう。
男性は4kg のメディスンボール、女性は2kg のメディスンボールを使用して行った。

装置
フォースプレート
フォースプレートを設置し、被験者のおおまかな立ち位置を決定する。 そして、天井から紐を垂らして、そこに手を伸ばした先が来るように調整する。 実験では被験者が手を伸ばした先とボールを落とす点をチェックし、常に一定の高さで落とせるよう工夫した。

手順
<実験準備段階>
BIOTONIX が入っている下敷、入っていない下敷。
BIOTONIX が入っているBMZ 社のインソール、入っていないBMZ 社のインソール。
4種類を実験者も、どの下敷、インソールにBIOTONIX が入っているかわからないブラインドの方式で用意した。被験者の足のサイズも考慮して、4種類×23cm、24cm、25cm、26cm-27cm 兼用の4 サイズ=16 個の下敷とインソールを用意した。

<実験前段階>
フォースプレートの重心動揺の項目を使用し、実験をおこなった。
被験者に均等な立ち幅で被験をしてもらうために、肩幅を測り、肩幅 -10cm に合わせて、立ち幅とした。
立ち幅の設定は、インソール・下敷のかかとの先端で全て合わせて統一した。
実際に実験時に履いている靴のサイズを聞き、それに一番妥当と思われるサイズの下敷、インソールを用意した。
被験者に先に途中まで書いてもらったアンケートを参考に、被験者の運動能力を判断し、高さを設定。
この時被験者には手をまっすぐ前に伸ばしてもらい、その点から垂直方向にどのくらい高さがあるかを記録し、実験中は常にその記録した高さからボールを落とした。

<教示>
被験者には「手をまっすぐ前に伸ばしてもらい、一定の高さからメディスンボールを落として、それをキャッチしてもらう、その際、ボールはちょっと重いけど極力手がぶれないように、一度下に手が落ちてしまってもすぐにまっすぐ伸ばした位置まで戻すように」と教示を与えた。

<実験段階>
実験を始める前に、どのくらいの重さのボールが落ちてくるのか被験者に理解してもらうため、また、被験者の慣れを考慮して実験結果に影響が出ないように調整するために、一度だけ試技をおこなった。
その後実験を開始する。 被験者によって、インソールA、インソールB、下敷A、下敷B の測定を行う順番を変える、ただし、インソールはインソール二回連続、下敷は下敷二回連続、と同じ種類の素材で続けて行い、素材ごとにアンケートでA とB でどちらが重く感じたか、軽く感じたかを主観データとして記入してもらった。
重心動揺の試技のデータ数は1秒間に100個×5秒=500個とした。

分析方法
客観的データとして、重心の位置座標点が500個取れる。
このデータを基に上下左右方向軸の
0.01 秒時の位置-0.00 秒時の位置=距離を算出
0.02 秒時の位置-0.01 秒時の位置=距離を算出
…ずっとこの作業を繰り返し499 個分の距離を出して、
その絶対値を全部足すと試技の間の重心移動の総距離が算出できる。
このデータの総距離を重心移動の軌跡の距離とし、比較検証する。

結果

グラフ
図1 : 重心動揺の比較(インソール) 縦軸は単位:cm
被験者毎にインソールを使用した時の重心動揺をプロット
グラフ
図2 : 重心動揺の比較(下敷き)縦軸は単位:cm
被験者毎に下敷を使用した時の重心動揺をプロット

表1 : 被験者の重心動揺平均 (単位:cm)

Aイン合計 Bイン合計 A下合計 B下合計
26.24033 24.07003 29.59888 25.13978

素材ごとに重心動揺の平均をプロット

表1 を参照すれば、「インソールはB、下敷もB」の方が、重心動揺が少ない。 また図1、2 で補足すれば、多少個人差はあるものの、被験者の重心動揺の平均を大きく揺るがすような、いわゆる「外れ値」は存在せず、むしろ被験者のBIOTONIX に対して、重心動揺が少なくなるという効果が素直に表れた結果である。
主観的データとして試技直後のアンケートを実施。 そのデータが実際の客観的データとあっているかも検証した。被験者が「同じに感じた」の回答以外、6種類の回答パターンに記入したアンケートを二つの被験したインソール・下敷の差がわかったとして、データを整理した。 インソールはB の方が軽く感じられると回答したのが9、 A の方が軽く感じられると回答したのが6、下敷はB の方が軽く感じられると回答したのが10、 A の方が軽く感じられると回答したのが5 と主観的データでもB の方が支持されていた。ただし、実際の主観的データと客観的データを比較した際に、下敷では15 人中12 人がタスクから感じた主観と客観的データが同じであったが、インソールでは15 人中6人しか主観と客観的データが一致しなかった。

考察
結果の部分でも述べたように、インソール、下敷ともにB の方が重心動揺は少なく、いわゆる外れ値も存在しない。
このことから、私はインソール、下敷ともにB の方がBIOTONIX 入りだと判断した。実際に自分も被験者として参加し、自分の時だけ、一工程の実験を二度被験した。 一度目はさほど変わらなかったが、二度目はあきらかにB の方が体のポジションも良くなったという実感があり、その感覚は客観的データとしても証明されていた。
そこで、この時点で始めて、協力していただいたBMZの方に答えをお聞きしたところ「インソールはB、下敷もBがBIOTONIX 入り」という回答を頂いた。 つまり、私たちは客観データの分析のみで、BIOTONIX がどちらに入っているのか、分析し、当てることに成功したのである。これはそのまま、BIOTONIX の効果が客観的データによって証明され、重心動揺を抑える働きの助けとしてパフォーマンスの向上に補填していると証明できたと考えられる。
ただひとつの問題点としては、素材としてインソールを使用した時に、被験者の主観と実際のタスク遂行の客観的データが合わなかったことが挙げられる。 これに対して私は普段使い慣れていないもしくは使ったことすらないインソールを使用して、今までとは違う感覚に戸惑い、正確な感覚を受容できなかったのではないだろうかと考える。 どちらにせよ、客観的なデータを用いて、BIOTONIX が入っている下敷、インソールの方が身体バランスの向上に役立っていると証明できたと考える。

まとめ
結論として、BIOTONIX が身体バランス能力向上に役立っていると証明されたことが主張できる。

参考文献
・全国柔整鍼灸協同組合学術局通信 平成21 年18 号 ・競技レベル別にみたアルペンスキーヤーの跳躍力 石毛勇介 ・バイオメカニクス~身体運動の科学的基礎 杏林書院 金子公宥 福永哲夫 ・エルゴノミクスによるクロックスの検証 ・初学者の為の生体機能の測り方 日本出版サービス 加藤象二郎 大久保堯夫 ・べネビスカスタマイズインソールの評価 ・アルペンスキーブーツを着用して実施した連続スクワット動作の動作特性 石毛勇介

ワンコインキャンペーン500円

BMZ営業のお知らせ

営業時間

(完全予約制)
10:00〜12:00/13:30〜18:00

定休日

毎週水曜日・日曜日・祝日
※臨時休業、夏休み、年末年始など
変更する場合がございます。

各種お問い合わせ

その他ご不明な点は
お気軽にお問合せください。

選手サポート申請窓口 選手サポート申請窓口

アスリートの皆さまの
サポートを行っています。